練馬白山神社HOME > 練馬白山神社の由緒

練馬白山神社について

白山神社の御祭神は邪那美命(イザナミノミコト)。創建は平安時代だが、明治初年に火災の被害に遭い、由緒書や記録等を焼失したため、詳細は不明。

練馬白山神社について
練馬白山神社の由緒
1083年(永保3年) 源義家が後三年の役で奥州へ向かう際、戦勝を祈願してケヤキの苗を奉納したと伝えられている。
1281年(弘安4年) この年の板碑が、神社周辺から出土。当時、神社周辺に集落が発達していたと考えられている。
1797年(寛政9年) 境内の鳥居を建立。
1806年(文化3年) 水盤を造立。
1818年(文政元年) 狛犬を造立。
1832年(天保3年) 灯籠を造立。
1868年(明治元年) 社殿を造営
1924年(大正13年) 社殿を改修
1981年(昭和56年) 神楽殿を改築
1995年(平成7年) 境内玉垣を設置
1997年(平成9年) 神楽殿新築
2001年(平成13年) 現社殿を造営
2010年(平成22年) 社務所を新築